パラリーガルの転職に必要な資格・未経験求人や採用

パラリーガルとは、法律事務所で弁護士の指示の下、法律に関する業務を行う事務員を指します。 一般企業の法務担当や弁護士の秘書が行う業務も含むことがあります。そんなパラリーガルとして転職し、就業するために必要な資格やスキル未経験でも採用が可能なのかなどの情報をまとめています。パラリーガルの募集に対してどのような履歴書や面接などの準備を進めておけばよいのか、法務知識が求められる場面やどういった経験が武器になるのかを事前に確認しておきましょう。

パラリーガルの仕事内容って?未経験・無資格でもできる?

パラリーガルは「法律事務員」とも呼ばれ、弁護士の指示・監督のもとで法律に関する業務を行い、弁護士が業務を円滑に行うことができるようにサポートをする職業です。

契約書や遺言書などの文書の作成、法令の調査、破産処理や登記の手続きといった「法律業務」が主な仕事となりますが、規模の小さい法律事務所では電話応対、スケジュール管理、ファイリングといった「弁護士秘書」としての「秘書業務」を兼ねることがあります。

まとめると以下のような業務内容が例として挙げられます。

法律業務

  • 文書作成(契約書・書証・校正作業・企業法務・遺言)
  • 調査(法令・判例・監査・訴訟関連)
  • 手続(登記・破産処理

秘書業務

  • クライアントへの連絡・応待
  • 裁判所との連絡・調整
  • 弁護士の案件やスケジュールの管理
  • 経理やホームページの更新などの管理業務

パラリーガルは知識と経験が重視される専門性の高い職業です。パラリーガルになるための公的な資格は存在せず、未経験や学生でも応募可能といった事務所もありますが、弁護士を目指している、他の法律事務所で働いていたなど、法律の知識や経験のあるパラリーガルの募集が多いのも事実です。

まったくの未経験だけれど今すぐにパラリーガルになりたいという方は、法律事務所に入所して少しずつ法律の知識を身につけていくというのも手ですが、民間の資格として、日本リーガルアシスタント協会の主催するパラリーガルの認定資格講座や、パラリーガル育成講座などもあるため、こういったものを利用して法律知識や管理能力を身につけるのも検討するとよいかもしれません。

パラリーガルに転職するのに必要なスキルや年齢は?

パラリーガルになるのに公的な資格は必要ありませんが、法律の知識や実務経験のあるパラリーガルが転職市場では人気です。それに加えて、パソコンの操作スキルなどの一般的なビジネススキルや簿記の知識、応接やスケジュール管理といった秘書業務も行うのであれば秘書検定なども持っていると転職の際に有利でしょう。

また、海外の企業法務を業務としている法律事務所ではTOEIC800点以上やビジネスレベルの英会話力、調査を行うことがあればリサーチスキルなど、法律事務所の業務内容によっても求められるスキルは異なってきます。

パラリーガルになるにあたって年齢制限は特にありませんが、30代中盤程度まで、弁護士よりも年下、という募集をしている法律事務所がしばしば見受けられます。また女性が多いイメージですが事務所によっては男性が多い事務所もあります。パラリーガルに転職する際の年齢も性別もスキルも、募集している法律事務所の方針次第なので、結局はパラリーガルになりたいという気持ちが大事と言えるでしょう。

パラリーガルの求人情報の特徴や傾向

リーガルサービスの質と価格を両立させるために、法律事務所にとってパラリーガルの存在は欠かすことのできないものです。近年では法律事務所間の競争が激しくなってきていることもあり、パラリーガルの需要は高まっています。パラリーガルとして専門知識や経験を積むことで長期に渡るキャリアを形成することができ、資格はなくとも市場価値の高い人材となります。

パラリーガルの業務内容は事務所ごとに大きく異なります。大規模、中堅の法律事務所ではスペシャリストとして登記や訴訟、M&Aなどに関わる法律業務を行い、弁護士の右腕として働いていくことになります。そのため法律に関する高度な知識を求められ、法科大学院の卒業生や司法書士・行政書士といった法律の資格保持者をパラリーガルとして雇用するケースもあります。

小規模の法律事務所ではジェネラリストとして基礎的な法律業務に加えて秘書業務にも携わることになる傾向があります。高度な法律知識を要求されることは少なく、未経験も応募可能といった募集もあります。幅広い業務に関わっていくこととなるのは小規模な法律事務所でしょう。

パラリーガルの転職が成功する履歴書や面接などの準備のポイント

手書き指定でない限り、履歴書はパソコンで作って構いません。最近では転職サイトやネットを通じての応募が増えており、履歴書を送付するように指示を受けることもあるので複数所応募する場合はパソコンで作った方が便利かと思われます。手書きの場合もパソコンで作った場合も、誤字脱字には気をつけましょう。

写真は、撮り直しができ、修正をしてもらえることから写真館をお勧めします。写真館でも証明写真機でも、履歴書を送付する場合に備えて写真のデータをもらうの忘れないようにしましょう。

職務経歴書では経験者・未経験者ともにパラリーガルとして働くに当たって重要である文書作成スキル、パソコンスキルが見られます。経験者の場合は即戦力として法律の知識や経験が見られますので、関わった案件について漏れのないように記入しましょう。また未経験の場合は、過去の経歴から潜在的な処理能力なども見られます。ホームページや経理などの管理を任される場合もあるので、法律に関係ない経歴だから必要ないと思わず、しっかりアピールしましょう。

面接ではなぜパラリーガルを志したのかという志望理由や知識や経験・職歴、法律への関心などについて聞かれることが多いようです。また小規模の法律事務所では指示を素直に受け入れられるか、コミュニケーション能力はあるか、サポートに向いているか、責任感があるか、弁護士との相性など、人となりも重視される傾向があります。履歴書の趣味や特技といったいつもは重視しないような欄が思わぬ会話のきっかけになるかもしれません。細部にも気を抜かず、きちんと記入しましょう。