弁護士ドットコムキャリア

絶賛成長中企業の“未整備だからこそ”の喜び。IT不動産法務で作る0から1 | 株式会社ネクサスエージェント


2016年に設立以降、不動産売買を軸に急成長を続ける『ネクサスエージェント』。理想として掲げてきたのは、不動産のリユースを皮切りとした資産運用×テクノロジーのプラットフォーム構想です。

展開する不動産流通プラットフォーム『イエリーチ』は、情報が不透明になりがちな不動産業界において情報の透明性を向上させる環境を提供しています。この環境を用いて、不動産オーナー、仲介業者及び購入者がデータを共有することで、CtoC、BtoB、BtoBtoCなどの様々な関係性において情報の非対称性を改善しつつ、かつ適正な価格での取引を実現しています。

共同出資サービス『みんなの年金』は、その名の通り「日本国民の公的年金の代わり」を目指しています。不動産運用の小口化を実現し、一口10万円からの出資が可能で、口座開設から資産管理までの全てをWEB上で完結できるため、面倒な紙のやり取りが発生しません。また、利回り8%以上の物件を多く取り揃えているので、気軽に高利回りの資産運用を行うことができます。

提供するプラットフォームを通じて顧客の人生をサポートし、社会にとって必要とされる会社を創っている真っ最中。そんな『ネクサスエージェント』の法務総務コンプライアンス部の次長・斉藤博仁さんを中心に、フレッシュな若手メンバーを交えてお話を伺いました。

一人法務から、未経験メンバーを集めて“組織強化”へ

ーーまずは『ネクサスエージェント』で働く方々のキャラクターや、社風についてお伺いできますか?

斉藤 企業の理念として『理想を追求する』という言葉を掲げています。従業員のひとり一人が、成し遂げたい目標、『年収を上げたい』『キャリアアップしたい』などに加えて、『顧客起点』で物事に取り組む、そして相手の立場から考え行動するという意識を持っているので、仲間や会社の成長と共に自己成長するという強い意志を持った人材が多いと思います。

ーー設立間もない法務総務コンプライアンス部ですが、社内ではどのような役割を果たしているのでしょうか?

斉藤 従業員が安心して業務をこなせるように、法務・総務・コンプライアンスの3つの観点からハイブリットで業務処理しています。契約書チェックや新しい業務が法律に抵触していないかのチェック、従業員が円滑に働けるような業務フローの整備、そして月1回の頻度で従業員のコンプライアンスリテラシーを向上させることを目的とした全社教育の機会などを設けています。

部長・梶間友秀 斉藤が入る以前は一人法務という形で、人数が足りずに常に対応に追われているような状態でした。法務経験の豊富な斉藤が入ってくれたことで組織として成長すべき先が見えた部分が多く、いまは若手メンバーを増員して組織の成長を加速させています。

斉藤 会社が大きくなるにつれて法務の仕事は指数関数的に増えるので、いまは法務総務コンプライアンス部の組織化に注力しています。入社時からその必要性を感じていましたが、予想以上に早く組織化の段階に突入しました。

係長・豊原彩加 私は5月にこの部署に配属されました。以前は秘書室に在籍していたのですが、もともと法務業務には興味があったので配属のお話をいただいた時は大変嬉しかったです。

副主任・松田知美 同じように私も秘書室に在籍していたので異動の話は純粋に驚きました。他社であれば、法務部門は経験者しか携われない組織だと思います。未知の業務にチャレンジするチャンスをいただけてすごく嬉しいです。

23年卒・山田 今年の4月に新卒で入社したので、職歴はありません。このような立場でやりがいのある法務業務という大きなお仕事に関わることができて大変感謝しています。

求める人材は、自身が生み出した成果やそのプロセスを楽しめる人

ーー斉藤さん以外は法務経験がないとのことですが、どのような部分に難しさを感じますか?

斉藤 実は法律の知識や経験が無いことについては心配していません。また、日常業務においても苦労していません。大事なのは考え方であって、問題が起きたときにどう正確に事実把握するか、どう課題を察知するか、それが全てなんです。いかに雑念を排除して核となる要素を見極めるかが重要と考えています。重要ポイントを端的にいうと傾聴姿勢が大切と言えるようにも思います。部下3名とはこのような重要ポイントを大切にして、ダイビングのバディのように協力して日々案件に取り組んでいます。早ければ3カ月、遅くともあと半年もすれば仕事を任せられる担当領域を確立してもらえると思っています。

ーー現在はどのような人材を求めていますか?

斉藤 自分のアイデアがお客様や従業員に影響を及ぼす、些細な現象や成果であっても素直に喜べる、このような喜びを繰り返し感じながら次なる成果を目指す、そしてやり切るこだわりを持ち続ける、というような人材と一緒に働きたいです。まだまだ発展途上な法務総務コンプライアンス部なので、未整備な部分を楽しみながら改善できる方にはぜひ仲間になって欲しいです。法律知識や経験を深めることや業務をこなすスピード感はもちろん大切ですが、自身のアイデアを形にしたいという意志をもって0から1を作り出せる方に当社はうってつけだと思います。

ーー不動産・IT法務に必要なスキルはなんでしょうか?

斉藤 不動産関係の法律に長けている人材はもちろんありがたいです。一方でITに関する知識も必要になってきます。『法学部出身なので法律の解釈だけは自信があります。技術的な話題は苦手です』というような自身の限界に線引きをしてしまう方だとちょっと困ってしまいます。例えば不正アクセス一つとってみても、ポータルサイトがよくやっているスクレイピングなどのデータを集める手法は、一歩間違えれば違法な行為になってしまいます。違法性を回避する技術的対策があるはずだ、といった感覚を持てる方は、技術的分析を深くできなくても貴重ですね。ITに関する技術的なディスカッションにもついてこられる知識を持っていると、携われる業務の幅が広がると思います。

新卒のアイデアだからと門前払いすることはない

ーーまだ法務経験の浅い豊原さん、松田さん、山田さんにお伺いします。この部署で働くやりがいはなんでしょうか?

豊原 未経験でもチャレンジできる環境が魅力的です。未整備だからこそ整備された大企業ではできない、組織や仕組みを作っていく、という経験ができます。成長中の企業だからこそですね。

松田 0から1への変化に携われることです。まだまだ社内の色々な仕組みを作っていかなければならない状況で、試行錯誤を繰り返しながら少しずつ改善して1を作っていく楽しみを感じています。

山田 まだ新卒で法務はおろか社会経験すらも浅い私のアイデアや活動が、法務総務コンプライアンス部の成果に反映されることに魅力を感じています。

斉藤 新卒入社者の意見やアイデアであっても門前払いはしません。その提案は良い提案なのか、調整の余地がないのかをしっかりと見極める文化がここにはあります。また、弁護士が言ったことだから鵜呑みにする、ということもなく、疑問を感じたらセカンドオピニオンを取りにいくこともあります。誰が言ったかよりも何を言ったかを大切にしています。

夢は、ネクサスエージェント出身の法務部員が世の中に点在するネットワークを作ること

ーー今、法務総務コンプライアンス部が抱えている課題はなんでしょうか?

斉藤 この部署に限ったことではありませんが、弊社はまだまだ成長途中なので、ひとり一人が処理できる業務領域を広げていくことが課題です。法律的観点でのみ仕事ができればよいのですが、そういう単純な状況ではなく色々な人とコミュニケーションをとりながら業務に必要な情報を的確に収集し、また説得材料を見つけてそれを上手く使う交渉術を持った人材に育って欲しいと考え育成中です。今はまだまだですが、あと半年から一年くらいで情報の取集力や交渉術の状況が一変すると思っています。

ーー5年後10年後のビジョンは?

斉藤 5年も待たずして、法務人材を育て上げる仕組みや文化が根付いている組織にすることを考えています。『ネクサスエージェントの法務出身ならば安心ですね』と社外から言われるような法務組織としてのブランド力の確立、弊社で経験を積んだら一人前になれるという噂が立つような組織づくりです。法務部業界の横のつながりはまだ希薄なので、弊社出身者があちらこちらの企業に在籍し、法務業界の人的ネットワーク形成に貢献する、人材輩出組織というような状況の構築を理想に掲げています。このような理想の追求は、弊社の法務部門ができる社会貢献の一つだと思っています。

ーー最後に転職活動中の方にメッセージをお願いします

斉藤 書面のチェック力や法律知識の多さを強みとするプレースタイルではなく、目の前の人と言葉を交わして仮説を立てながら答えを導き出すプレースタイルの人材を求めています。また、「顧客起点」という言葉を大切にして欲しいです。法務の顧客は直接的には社内の人間ですが、そこから間接的に消費者や社会に影響を与えることができると思っています。このような影響を与える活動が「理想を追求する」という会社のビジョンにも通じていることを意識しながら協力して活動し、達成感をわかち合いたいと思っています。

ネクサスエージェントでは下記のポジションを募集しています。

  • 法務担当(課長/係長)
  • 総務/商事法務

    ご応募お待ちしております。ご検討中の方、詳細が気になる方はお気軽にお問い合わせください。
    公開状況は随時更新されますのでご注意ください。

求人へのお問い合わせ方法

  • すでに担当コンサルタントがお付きの方: 担当コンサルタントにメールかお電話にてご連絡ください。
  • 弁護士ドットコムキャリアを初めてご利用されるお方、担当コンサルタントの連絡先がわからないお方: 求人詳細ページ「この求人の紹介を申し込む」よりお進みください。

弁護士ドットコムキャリアのキャリア相談(無料)はこちらから。
必要なタイミングで専任のコンサルタントが誠実にご支援いたします。

新着求人情報一覧

専任コンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
お気軽にご相談ください。

無料 / 非公開求人多数 / 秘密厳守