【コンサルタントコラム】コロナショック下の採用動向

売り手市場になっている世の中で、自分自身のキャリアアップを求めて、より良い待遇を求めて転職する人は年々増えています。この動向については、一般の会社員に限らず、弁護士領域にも広がっている状況です。

しかし、Withコロナと呼ばれる時代に、リーマンショック以上に経済がダメージを受けている中で、人材紹介会社に転職相談をしてみようと思う人もいるかと思います。 そんな皆さまのために役に立つような情報を共有したいと思っています。


目次

  1. 法律事務所への転職を考えている弁護士
  2. 企業への転職を考えている弁護士

法律事務所への転職を考えている弁護士

コロナ前までは、各事務所において人手不足な状況下にあり、自分の希望通りに転職ができました。 コロナの影響が出てきてから、民事専門や企業法務専門の事務所は案件が減り、採用する枠を減らすことや採用を諦める事務所が増えています。

それに反して、倒産専門をはじめ、不動産専門、債務整理を取り扱っている事務所は急激に案件が増え、人手を求めて絶賛採用中の事務所はますます増えております。

企業への転職を考えている弁護士

最近、JALグループが新卒採用を中止するニュースが話題になりました。

運輸業や旅行業だけではなく、製造業にも影響が出ており、中国依存傾向が高すぎたため、モノを作れないことで物が売れず、売上が下落しております。 こういった中で、人件費を減らすことで、企業内の資金繰りを解決するため、採用中止や雇い止めが出ています。

ただし、国の政策の電子決済やコロナウイルスにより、ITへの重要さが課題として出ており、電子決済やIT企業への追い風が吹いているため、人手を求めて採用活動を積極的に展開しております。

上記の2点からわかる通り、事務所や企業全体的に採用を、行なっていないわけではありません。 展開している事業によっては追い風が吹いているので、転職希望者はどのような選択をするかによって、自分が納得できるような結論に辿り着けると考えられます。

まずは、採用のプロに情報を要求してみるのはいかがでしょうか。

専任コンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
お気軽にご相談ください。

無料 / 非公開求人多数 / 秘密厳守