【弁護士の転職成功談】検察官から弁護士への転身、企業法務(渉外系)法律事務所(弁護士事務所)で新たなキャリアを

成功者プロフィール


  • 転職活動時:40代前半 
  • 現職:検察官
  • 転職先:企業法務(渉外系)法律事務所(弁護士事務所)

転職を考えたきっかけ

修習後検察官に任官し、日本全国の検察庁及び省庁で勤務されておりましたが、
今後のキャリアを考えた際に、弁護士としてのご経験を積みたいとお考えになり、
転職活動をはじめられたとのことです。

弁護士職務の中でも特に予防法務に強い関心があり、企業法務系事務所でのキャリアを希望されておりました。

転職の決意をしたものの、法律事務所(弁護士事務所)についての内部情報や転職活動の仕方など
分からないことも多く
ご自身で活動することに不安を感じ、弁護士ドットコムキャリアにご登録頂きました。


活動中のポイント

国家公務員から民間組織への転職であったためまずは希望のエリアを定め、
その中でできるだけ幅広く、企業法務の法律事務所(弁護士事務所)の求人をご提案いたしました。

各事務所の特徴などを細かく説明させて頂くうちに、
ご自身の求める条件や関心がある分野のイメージが徐々に固まっていったため、
ご本人の希望が叶えられそうな法律事務所(弁護士事務所)をピックアップし、応募手続きに進めていきました。


転職活動の振り返り

検察官から弁護士という大きなキャリアチェンジに最初は戸惑いのご様子でしたが、
転職活動をしていく中でご自身が弁護士として活躍するイメージが深まったようで、
途中からは不安な気持ちよりもワクワクする気持ちの方が強いように感じられました。

今後は、省庁の現場で培ったコミュニケーション力や、持ち前の語学力を活かし、
多くの企業の発展の一助になりたいと仰せでした。

他業種からの転職ということもあり『大変なことも多かった』とのことですが、
『情報収集や事前準備の段階からお手伝いいただいたので、不安なく進められた』
とのお言葉を頂き、嬉しく思っております。

今後のご活躍を楽しみにしております。

専任コンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
お気軽にご相談ください。

無料 / 非公開求人多数 / 秘密厳守