【弁護士の転職成功談】民事系の個人法律事務所(弁護士事務所)から労務系大手法律事務所(弁護士事務所)へ

成功者プロフィール


  • 転職活動時:20代後半
  • 前職:一般民事系の個人法律事務所(弁護士事務所)
  • 現職:労務系大手法律事務所(弁護士事務所)

転職を考えたきっかけ

修習の時にご縁のあった一般民事全般を扱う個人事務所にて3年程キャリアを積まれておりましたが、
将来のことや自身のキャリアアップを見据え、転職も視野に入れて深く検討を開始されました。

しかし転職活動自体が初めてであり、自分の経験を必要としてくれる転職先はあるのか
また現職を勤めながらの転職活動はどうしたら良いのか
と不安になり弁護士ドットコムキャリアへご登録を頂きました。


活動中のポイント

キャリアアップを見据えての転職活動とのことでしたが、現時点で強みと言えるスキルが乏しいと感じており、
このままではどの事務所や企業でも求められるスキルとのギャップが生まれ、
どちらの職場もマッチしないのでは?という不安をお持ちでした。

これからのキャリアについては、
何かしらの専門性を身につけ、主軸となる専門分野を決めて経験を積みたいと考えていらっしゃいました。
ご登録いただいた後、何度か面談をさせて頂き、一緒に方向性を探りながら、転職活動を進めることにしました。

現職で労働審判の経験をお持ちで、様々ある弁護士業務内容のうち、
労務関連の職種に興味をお持ち頂いたことから使用者側の労務に強い企業法務系の法律事務所を紹介いたしました。

ご本人は、経験不足を不安に思われておりましたが、
採用側では「経験よりもポテンシャルを重視したい」という意向をお持ちであることを把握しており、
またご本人とその事務所の雰囲気などがマッチしているのではないかと感じたため、
その旨お伝えしたところ前向きに選考に進むこととなりました。

選考を経て無事に内定を頂くことができ、
業務内容分野も事務所の雰囲気もご本人のご希望に沿った内容だったと非常に喜んで頂けました。


転職後の感想

ご自身で活動していたころは、現職に勤めながらの転職活動でしたので、
当初は思うように情報収集や事前準備ができずにいらっしゃいましたが、
弁護士ドットコムキャリアにご登録を頂いてからは、
募集要項に書いていないような採用側の雰囲気や考え方などを知った上で活動することができ、
また経験がないからと自分で判断して諦めていたことも、現職での経験から方向性を見出すなど、
二人三脚で無事に内定をもらうことができたとのことです。

当社(弁護士ドットコムキャリア)を有効活用し、
不安や迷いなく進められたと非常に喜んで頂けました。

現在は日本の大手企業をクライアントに持つ労務系法律事務所にてご活躍されています。

今後益々のご活躍を楽しみにしています。

専任コンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
お気軽にご相談ください。

無料 / 非公開求人多数 / 秘密厳守