【弁護士の転職成功談】上場企業の社内弁護士(インハウス)から企業法務系法律事務所(弁護士事務所)へ

成功者プロフィール


  • 転職活動時:20代後半
  • 現職:東証1部上場企業の社内弁護士(インハウス)
  • 転職先:企業法務系法律事務所(弁護士事務所)

転職を考えたきっかけ

司法修習後、東証1部上場企業の法務部へに就職されました。

就職活動時は、法律事務所(弁護士事務所)への就職も検討をしていましたが、
選考を進める過程で、企業の一員として社会人経験を積み
企業活動を中から知ることが弁護士として成長できると考え、企業への就職を選択されました。

就職先は上場企業であったため、組織体制がしっかりとしており教育も整っておりました。
また人間関係も良好でとても働きやすい環境でしたが、新入社員ということもあり、
仕事内容は電話対応や庶務など、法務以外の業務の割合が非常に高かったようです。

また、本人は社内弁護士として採用された初めてのケースであったため、
企業法務の業務におけるロールモデルとなる先輩がいない状況でした。

法律事務所(弁護士事務所)へ就職した同期の弁護士と情報交換する中で、
弁護士としての成長を考えた際に、遅れを取っているのではないかという不安に駆られました。

そこで、弁護士のキャリアに詳しいエージェントに相談しようと考え、
インターネット検索で弁護士ドットコムキャリアを知りご相談をいただきました。


転職相談から内定まで

ご本人は企業法務の分野で活躍できる弁護士になりたいという強い希望をお持ちでした。

ご相談いただいた当初は自身で企業法務系の法律事務所(弁護士事務所)を探し、
応募手続きをされていましたが、法律事務所(弁護士事務所)での経験がないことや、
企業での社歴が短いと判断されたことなどから、なかなか面接に進めないという状況が続いていました。

状況を共有いただき、弊社から若手弁護士の採用を検討している企業法務系事務所(弁護士事務所)をご紹介しました。

紹介した法律事務所(弁護士事務所)は所長・パートナーともに年齢が若く、
設立より数年・少数精鋭の体制でしたが、大手事務所で研鑽を積んだ弁護士が経営をしており
クライアントにはベンチャー・中小企業だけではなく上場企業の顧問先もあるなど、
業界では新進気鋭として注目をされている事務所でした。

ご相談者は、ご本人は大手企業だけではなく、中小・ベンチャー企業の支援にも関心があったため、
企業への応募は快諾され、書類選考を進めることになりました。

書類選考通過後は、面接対策、また面接後のフォローを行いながら着実に話が進んでいき、
書類を応募してから内定まで1ヶ月というスピード選考で、内定までたどり着きました。
内定後は現職への退職交渉などのサポートを行い、円満に退職手続きを済ますことができ、
現職への入所もスムーズに進みました。


入所してその後・・・

企業法務に関連した業務はほぼ未経験だったため、当初は任される業務レベルの高さに戸惑うことも多かったようです。
ただ、頼れる先輩弁護士がおり、また多種多様な案件に携わることができて、
転職前より充実した日々を送っていると伺いました。

今後の活躍が聞けることを楽しみにしております。

専任コンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
お気軽にご相談ください。

無料 / 非公開求人多数 / 秘密厳守