【弁護士の転職成功談】子育てが落ち着いた女性弁護士の現場復帰を全力サポート

成功者プロフィール


  • 転職活動時:40代後半
  • 前職:事務職(パート)をしながら子育てに専念
  • 転職先:時短勤務可能・テレワーク対応済の法律事務所(弁護士事務所)

転職を考えたきっかけ

修習後、地方の法律事務所(弁護士事務所)で離婚案件を中心に町弁(街弁)として活躍されていましたが、
結婚・出産を機に第一線から退き、直近は事務のパートをしながら子育てに専念されていました。

今回、お子様が小学校に入られるのをきっかけに、弁護士実務の現場に戻りたいと考え、
子育てをしながら転職活動を成功させるため弁護士ドットコムキャリアにご登録頂きました。


活動中のポイント

転職先に関して色々お伺いすると、業務内容より出来る限りフルタイムでの現場復帰、
且つ子供に何かあった際など突然の出来事にも柔軟に対応できる環境での就業を優先に希望されておりました。

そこで、時短勤務やテレワーク制度が整っており、
先輩ママさん弁護士も多く活躍されている法律事務所(弁護士事務所)をご紹介したところ、
『事務所の名前は知っていたがそこまで制度が整っているとは知らなかった』とのことで
前向きに選考に進んでいただくことになりました。

また、前事務所で強みとしていた離婚を中心とする家事事件で活躍できるところも
先方のニーズと合っていた為、非常にスムーズに選考が進みました。

選考時に様々な家庭の事情を抱えた女性先輩弁護士の活躍も伺うことができたことから、
入所後のイメージができ、不安なく入所意思を固めることができたとのことです。


転職後の感想

転職活動時はまだお子様の送り迎えが必要な時期でしたので、
選考日程を上手くスケジューリングできるか不安に思われていたようです。

面接を平日の日中に限定して調整したり、コンサルタントとの面談や面接対策は
お子様の幼稚園に近い場所で行ったりと可能な限り負担がないように調整させていただき、
ご本人からは「こんなにスムーズに希望の環境への転職が叶うと思わなかった」と非常に喜んで頂けました。

現在は家事事件を中心に対応されるチームの第一線で活躍されているとのことです。

ライフスタイルの変化から転職を検討する場合、福利厚生の利用状況や働き方の実情など、
求人票からは読み取れない「事務所の内情」を把握することが重要です。

弁護士ドットコムキャリアは各事務所へ直接足を運び、様々な情報をキャッチアップしています。

まずは情報収集から始めたいという方も、ぜひお気軽にご相談ください。

新着求人情報一覧

専任コンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
お気軽にご相談ください。

無料 / 非公開求人多数 / 秘密厳守