弁護士転職エージェントとの面談時間を有意義にする方法

 


弁護士転職エージェントに登録した後どうなるか・・・


弊社、弁護士ドットコムキャリアへご登録もしくはお問い合わせいただいた後の流れについてご説明いたします。

  1. 面談日程の調整
  2. 担当コンサルタントとキャリア面談
  3. 求人の紹介
  4. 求人へ応募

上記のように進めてまいります。

※現在キャリア面談は、新型コロナウイルス拡大に伴い、ご希望に応じて、
ご面会(エリアによって対応できない地域もございます)・オンライン・お電話にて対応させていただいております。

では実際の面談で、弁護士転職エージェントと何を話したら良いのでしょうか。

面談時間を有意義にするためのポイントをまとめさせていただきます。


事前にご準備いただくと良いこと


  1. 今までのご経歴や仕事内容について
  2. 転職理由の整理
  3. ご自身が求める条件の整理
  4. 履歴書や職務経歴書

こちら詳細を解説させていただきます。

1.ご経歴や仕事内容について

修習期を終えて今までどちらの法律事務所(弁護士事務所)やインハウスに在籍され
どのような案件を担当されていたのかなど、簡単にまとめておいてください。

2.転職理由の整理

面談時間までに100%まとまっていなくても大丈夫です。
なぜ転職を考え始めたのか、転職により解決したいと思うご自身の「負」や「課題」はなにかを言葉にしてみましょう。
ぜひ、その中身を面談の場でコンサルタントに伝えてみてください。

3.求める条件の整理

現職、または前職との比較を起点に考えることが多いかと思います。
上記で述べたように、ただ条件を羅列するのではなく、
転職という手段を以て何を手に入れるのかという観点で考えてみてください。

もちろんひとつだけでなくても構いません。
こちらも面談の場で、条件の優先順位などもコンサルタントにお知らせください。

4.履歴書や職務経歴書

面談前に(簡易的なものでも可)コンサルタントへ共有しておくと、
すぐにご紹介可能な求人があれば、面談時に話を聞くことも可能です。

また書類に関しては必要に応じて、添削することもあります。

もちろん面談後に履歴書、職務経歴書を作成する形でも構いません。

1回のご面談で、転職に必要な準備を大きく進めることができるので
簡易的なものでも作成可能であれば事前共有をお薦めしております。


いざ担当コンサルタントと面談


ご面会・オンライン・お電話どちらをご選択いただいても面談内容に変わりはありません。

上記で準備していただいたことを元に進めていきましょう。

初対面でご自身のことをお話しいただくのはためらいもあるかもしれません。

コンサルタントはキャリアのプロです。

ぜひ、安心してお話できるところからお話ください。

コンサルタントとの面談は面接ではありません。
服装等はリラックスしたもの、普段着で全く構いません。

また、社外でコンサルタントと会われる場合など、あまり目立つようなことは避けたい等ご事情もあるかと思います。
その際は、「私服で依頼者のように来てほしい」など、お気軽にコンサルタントまでご希望をお伝え下さい。

ご面会

  • ご面会の所要時間は60~90分くらい
  • 喫茶室やラウンジなどになります(対応可能なエリアのみ)

オンライン・お電話

  • オンライン・お電話の場合は30~60分くらい
  • オンラインの場合はZOOM等で対応させていただきます

 


今回は弁護士転職エージェントとの面談時間を有意義にする方法について解説いたしました。

私たち弁護士ドットコムキャリアは、
登録者20,000人超、日本最大級のネットワークを誇る弁護士ドットコムで培った
ノウハウを活かした弁護士専門の転職エージェントです。

まずは気軽にご相談からでも始めてみませんか。

専任コンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
お気軽にご相談ください。

無料 / 非公開求人多数 / 秘密厳守