顧問弁護士とは、業務内容と企業内弁護士(インハウスロイヤー)との違い

顧問弁護士とはどのような働き方をしているのか、
企業内弁護士(インハウスロイヤー)との違いについて説明していきます。

昨今、弁護士の働き方も多様化されてきているため
弁護士として案件へのどのように関わりたいか、また弁護士としてどのように働いていきたいか、
等、今後のキャリア形成の参考になれば幸いです


顧問弁護士とは


顧問弁護士とは、会社と顧問契約を結び、
会社で起こる法律問題やトラブルの予兆に対しての対応を法的に解決する弁護士で、
医者でいう主治医のような存在のことです。

日頃から会社の情勢や業務内容などを理解していることにより、
何らかの問題が発生しても早期に対処することができます。
また問題が起きていなくても、トラブルの予兆となる芽を摘んでおくように解決方法を助言をすることもあります。


顧問弁護士の業務内容


顧問弁護士の主な仕事は、一般の弁護士の業務内容と相違ありません。

その企業における日常の法律に関する相談、
他社との契約書作成や作成済みの契約書のリーガルチェックなどから、
社内外における訴訟対応、労働問題、就業規則の作成など企業の法律問題に関する業務に幅広く対応します。

また主治医などと表されるように、顧問弁護士の対応やアドバイスが経営判断に直結することもあるため、
企業にとって非常に重要な役割であることは間違いありません。

普段より経営者の考え方や方針などにも理解を深めておく必要があります。

顧問弁護士に求められることとしては、

  • すぐに相談でき、迅速に対応できること
  • 企業の経営者の立場や会社の状況などに精通していること
  • 法律問題に関しては、経営者が一任できること

等が挙げられます。


顧問弁護士と企業内弁護士(インハウスロイヤー)の違い


顧問弁護士の多くは法律事務所(弁護士事務所)に所属する弁護士が殆どで、
第三者的な立場から契約先の企業へ法的アドバイス並びに問題解決を行います。

対応する案件に関しては、クライアントによって様々です。

企業内弁護士(インハウスロイヤー)は、その企業に直接雇用され法務部などに所属し、
企業の一員として企業内における法的問題やトラブル回避のための幅広い業務に対応します。

業務内容の際にも解説した通り、関わり方は異なりますが業務内容については大きく変わることはありません。

顧問弁護士であれば、様々なクライアント先の様々な法的トラブルの解決に向けて対応することができますが、
企業内であれば他の企業の事例などを知る機会は限られています
しかしながら、企業内弁護士であれば、他部署との連携するなど企業内だからこそ経験できることも多数あります。

以上、

  • 顧問弁護士とは
  • 顧問弁護士の業務内容
  • 顧問弁護士と企業内弁護士(インハウスロイヤー)の違い

についてまとめました。


いかがでしたか。

今回は顧問弁護士とは、業務内容と企業弁護士(インハウスロイヤー)との違いを解説いたしました。

私たち弁護士ドットコムキャリアは、
登録者20,000人超、日本最大級のネットワークを誇る弁護士ドットコムで培ったノウハウを活かした
弁護士専門の転職エージェントです。

まずは気軽にご相談からでも始めてみませんか。

専任コンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
お気軽にご相談ください。

無料 / 非公開求人多数 / 秘密厳守