【調査】転職活動時に「独立」を検討は35% 転職に関するアンケート結果 vol.3

転職に関するアンケートvol.3

弁護士ドットコムでは、全国の弁護士を対象に、転職経験の有無や転職した理由、しなかった理由などを尋ねるアンケートを実施し、409人から回答を得た。調査結果を4回に分けて紹介する(調査実施:2021年3月)。

3回目は転職経験がある弁護士に対し、転職活動の際に独立を検討したかどうかや、独立を選ばなかった理由について聞いた結果を紹介する(複数回の転職経験がある場合、独立の検討有無などについては、在籍が一番短かったケースについて聞いた)。

 

転職活動時に独立検討は35%

 

転職活動をした際に独立を検討した人の割合は35.1%だった。

独立しなかった主な理由として、経営への不安や資金、経験の不足などが多くみられた。

 

自由記述で得られた「独立しなかった理由」

経済的理由

  • 開業資金を十分に準備できていなかった。
  • 顧問先が少なかったため、固定費を支払っていく自信がなかった。
  • 集客の見込みを立てることができなかった。

経験不足

  • 登録1年以内の転職だったため、独立できる自信がなかった。
  • 様々な経験を積むには事務所に所属した方がよいと思った。
  • 経験が乏しく、営業力や実力の無さを自覚していた。

その他

  • 体調が悪化していたため、独立する余裕がなかった。
  • 企業法務をやっていたので独立に向かないと思った。
  • インハウスを希望しており、そもそも独立に興味がなかった。

 

(vol.3に続く[近日公開予定])

弁護士ドットコムキャリアのエージェントサービス登録(無料)はこちらから。
必要なタイミングで専任のコンサルタントが誠実にご支援いたします。

専任コンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
お気軽にご相談ください。

無料 / 非公開求人多数 / 秘密厳守