ボス弁と2人の事務所から一般民事系大規模事務所への転職 – 弁護士ドットコムキャリア

今回は、最近、弁護士ドットコムキャリアを通じて転職された50期台前半のA先生に、インタビューの機会を頂き、外部のインタビュアによるインタビューを実施しました。

A先生の転職体験談 弁護士 50期台前半 女性
  1. 転職背景

    長年勤めていた事務所から、事務所規模縮小の為、3ヶ月後を目処に移籍してくださいという話があり、やむを得ず転職をすることとなりました。

  2. 転職中の悩み

    他エージェントに登録したが求人紹介を受けられなかった。また「ひまわり求人求職ナビ」を利用してみたが、具体的なイメージが掴めず求人申込みには至らなかった。

  3. 転職を成功されて

    弁護士ドットコムキャリアに登録し、すぐに面談実施。キャリア面談で進むべき方向性が見え、大規模事務所へ転職。転職後は新しい環境に刺激を受ける充実した日々を過ごしています。

事務所の規模縮小に伴い転職することに

インタビュア

本日はありがとうございます。
早速ですが、まず、今回ご転職を検討された経緯について教えてください。

A先生

ボス弁から、今後は規模を縮小しアソシエイトを置かずに一人でやっていきたいので、3ヶ月後を目処に次のところに移ってくださいと話があったことがきっかけです。
ですので、何か事務所への不満があったとか、キャリアアップしたいとかいう理由で能動的にアクションを起こしたわけではなく、私としてはやむを得ず転職活動をすることになったというのが率直なところです。

とりあえず転職エージェントに登録

インタビュア

なるほど。そうすると、どのように転職活動を始めたのでしょうか?

A先生

修習後初めの事務所から人のつながりで就職したので、転職に限らず就職活動すらしたことがないに等しい状況でしたので、どのように始めればよいのかと正直戸惑いました。
ただ、弁護士を取り扱う転職エージェントの存在は何となく知っていたので、ウェブで検索して登録してみました。

初めは別のエージェントに登録したが紹介を受けられず

インタビュア

そうして、弁護士ドットコムキャリに登録されたわけですね。

A先生

いえ、実は初めは別のエージェントに登録しました(笑)
たまたま初めに見つけたのがそこだったのですが、そのエージェントでは、紹介できる手持ちの求人が若い期の弁護士が中心だったようで、相談した時には私のような期が上の弁護士の求人はなかったため、残念ながら紹介には至りませんでした。そのエージェントの担当者の方からは、少し時間が経てば紹介できる求人情報が出るかもしれないので、少しゆっくりしたらどうかというアドバイスをもらいました。そう簡単に転職先が見つかるとは思っていませんでしたので、応募先がないことについてはやはりという気持ちでしたが、ゆっくりしたらどうかというアドバイスについては、なぜか、反対にゆっくりしている場合ではないという気持ちが芽生えてしまいました。

ひまわり求人求職ナビでは事務所のイメージが湧かない

A先生

エージェントからは、少しゆっくりして時期を待つというアドバイスを受けましたが、ゆっくりしている気持ちにはなれず、とりあえず、自分でも転職先を探してみようと日弁連の「ひまわり求人求職ナビ」で求人情報を閲覧してみたりもしました。でも、求人票の情報だけでは今一つイメージが湧かず、応募先を絞り込むことができませんでした。これまで人のつながりによって就職や移籍をしてきたので、どのように就職活動をしていったらよいのかもよく分からず、求人情報の一覧を前にして、ただ途方に暮れてしまったという感じでした。

インタビュア

確かに、求人票から自分にあった求人情報をみつけ出すのは至難の業ですね。

弁護士ドットコムキャリアに登録し、すぐに面談を実施。

A先生

そうなんです。
それで、やはり専門家のアドバイスを受けたほうが良いと考え、他のエージェントにも相談してみようと思い、弁護士ドットコムキャリアを見つけて登録しました。

インタビュア

登録するとどうなるのでしょうか。

A先生

登録するとすぐに電話を頂き、転職先の希望条件等をお伝えして、面談の日時と場所を決め、数日後には、コンサルタントの方が職場近くまで来てくれて面談を行いました。

インタビュア

近くまで来てくれるのはいいですね。
面談はどのような感じなのでしょうか。

すぐに条件に合った求人を7、8件ピックアップ

A先生

わざわざ事務所の近くまで来ていただいたのは驚きましたが、ありがたかったです。
面談では、キャリアプランについて親身になって相談に乗ってもらい、面談後すぐに条件に合った求人を7、8件ピックアップしていただけました。

インタビュア

7、8件ですか。

A先生

そうなんです。
アソシエイトとして転職するには期が上の方ですし、実際に初めのエージェントではその点がネックで紹介につながらなかったので、求人があるのかどうか非常に不安でしたから、紹介を受けられる求人数が思いのほか多いことが分かり安心しました。

キャリア面談で進むべき方向性が見えた

インタビュア

キャリア面談について、どのような効果がありましたか。

A先生

キャリアプランについて、それまであまり考えたことがなかったのですが、面談を通じて、自分の考えを整理することができたように思います。

インタビュア

どのようなことを話すのでしょうか。

A先生

転職前の事務所では、いわゆる一般民事や家事の事件を中心にやってきましたので、特に企業法務や何らかの専門分野に精通しているということはありませんでした。転職を機に、これまで扱ってきた分野とはまた違った分野に挑戦してみるということも考えましたが、やはりそれまでやってきた一般民事や家事の事件で、依頼者と向き合っている方が、自分には合っているのではないかという考えに落ち着きました。
しかし、特定の専門分野など、何かに特化した経験や知識がなければ、移籍先は見つかりにくいのではないかという懸念を抱いていました。
ですが、コンサルタントと話す中で、一般民事系でも条件を落とすことなく転職できそうだということが分かり、安心しました。
また、これまで個人事務所に勤務してきたので、やはり同規模の事務所でないと、勝手が違いすぎて、通用しないのではないかという不安もありました。
しかし、大規模事務所には若手の先生も多いので、教育係としての需要もあることも分かりました。

初回の面接にはコンサルタントが立ち会って緊張がほぐれた

A先生

また、前述のとおり、これまで人のつながりで就職、転職してきたので、まったく見ず知らずの事務所に面接に行くという経験がほとんどありませんでした。
そのため、面接がとても不安だったのですが、最初の面接にはコンサルタントが立ち会ってくださることになり、安心して臨むことができました。
その事務所とはご縁がなかったのですが、面接後には、フィードバックを頂き、
次の面接に生かすことができました。
現在勤務している事務所の面接がうまくいった背景には、この経験が少なからず寄与していると思います。

転職後は新しい環境に刺激を受ける日々

インタビュア

不安な時に信頼している人に同席してもらえると、それだけで少し不安が緩和されますよね。
そして、ご入所された新天地では、若手の教育も含めてご活躍されているのでしょうか。

A先生

教育も担当するということで採用してもらったのだと思いますが、実際には、移籍先には優秀な若手が多く、むしろこちらが刺激を受けて勉強させられることのほうが多いですね(笑)

インタビュア

素晴らしい環境ですね。
他に、移籍して良かったことはありますか。

A先生

はい。
自分で相談者に選んでいただくという意識が芽生えたことですね。
これまでは受任するかどうかはボスが決めていましたが、当然のことながら、移籍先では受任が決まった事件をただ担当するというだけではありませんので、親身になって相談に乗り、相談者に信頼していただいて受任につながるということになるのだと思います。

インタビュア

「受任しなけば」というプレッシャーもあるわけですか。

A先生

プレッシャーは感じながら仕事していますが、「受任しなければ」というと語弊
がありますね(笑)
相談だけで解決できれば、それに越したことはないですし、受任するかしないかに関係なく、親身になって相談に乗ることが大切だと思っています。

インタビュア

確かに。それはそうですね。

キャリア面談には副次的効果も

A先生

キャリア面談を受けて感じたことなのですが、私たち弁護士は、日々、親身になってトラブルの相談に応じていますが、反対に人に相談に乗ってもらった経験は、実はあまりなかったりします。
今回転職活動を始めるまでは、弁護士をやめようかということを考えたこともあったのですが、弁護士ドットコムキャリアに登録して、コンサルタントの方にとても親身になって相談に乗ってもらい、無事に素晴らしい移籍先も決まって、本当に感謝しています。
この経験が、自分も、これまで以上に親身になって相談に応じ、相談者の抱える問題を何とか解決してあげようという気持ちにつながっていると思います。

インタビュア

素晴らしい移籍先が決まったのは、先生の実力とお人柄にほかならないと思いますが、今の言葉、担当したコンサルタントの方が聞いたらコンサルタント冥利に尽きるでしょうね!

A先生

その時のご恩があるので、今回、インタビューにご協力しました(笑)

インタビュア

そういうことだったのですね。
本日はありがとうございました!

A先生

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのキャリアアップを弁護士ドットコムキャリアがサポートします

弁護士業界に特化したコンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
会員登録することにより、求人票の情報だけでなく、職場の雰囲気や代表弁護士の人柄等のリアルな情報も知ることができ、
あなたの条件に合った求人をご紹介することもできます。
是非、この機会に会員登録をお願いします。
なお、徹底した情報管理を行っているため、登録したことが所属事務所等に知られることは絶対にありません。
安心してご利用ください。

保有資格 必須


司法修習期


お住い 必須


お名前 必須


メールアドレス 必須


電話番号 必須


備考

プライバシーの考え方に同意の上、「同意して送信」を押してください。
ご入力情報は、ご本人の許可無く第三者に公開することはありませんのでご安心ください。

PAGE TOP