小規模事務所から一般民事系大規模事務所への転職 – 弁護士ドットコムキャリア

今回は、昨年、弁護士ドットコムキャリアを通じて転職された60期台後半のB先生に、インタビューの機会を頂き、外部のインタビュアによるインタビューを実施しました。

B先生の転職体験談 弁護士 60期台後半 男性
  1. 転職背景

    人の入れ替わりが激しい小規模事務所にて、人間関係の悪化により事務所を移る決意をしました。

  2. 転職中の悩み

    より詳細な情報や事務所の雰囲気といったアナログな点のマッチングも含めて考えた場合には、エージェントに頼まなければ解らなかった。

  3. 転職を成功されて

    弁護士ドットコムキャリアは親身で迅速でした。紹介された求人は、事務所の雰囲気までもマッチしたもので、転職を通して自分に合った働き方に出会うことができました。

人間関係の悪化により転職を決意

インタビュア

本日はよろしくお願いします。
早速ですが、転職をお考えになった経緯についてお伺いできますでしょうか。

B先生

よろしくお願いします。
転職の経緯については、率直なところ、人間関係ですね。いわゆるブラック事務所で、人の入れ替わりが激しい事務所でした。ご多分に漏れず私も事務所を出る決意をしたというわけです。

インタビュア

なるほど。就職する事務所を不幸にも間違えてしまったわけですね。

B先生

そうなんです。修習生の時は事務所選びについての知識もなかったものですから。

弁護士ドットコムキャリアは親身で迅速だった

インタビュア

それで、弁護士ドットコムキャリアに登録されたわけですね。
利用されてみたご感想はいかがでしたでしょうか。

B先生

親身で、そして、対応も早いので、早期に転職先が決まって、非常に良かったなという感想ですね。
私の場合、人間関係で辞めているので、まあ、人間関係の話というのは聞く方にとっては非常に鬱陶しい話だという気はするのですが、そこを親身になって付き合ってくれたという点は大きかったと思います。
また、転職先の希望条件をお伝えしたところ、その場ですぐに、3つほどすぐに紹介できるところがあるというお話をいただき、迅速に進めてくださったのも助かりました。

初めは中規模の事務所を希望していた

インタビュア

どのような軸で転職活動をされたのでしょうか?

B先生

まず、規模としては、中規模の事務所を希望しました。小規模な事務所は、必然的に人間関係が濃厚になりがちで、すごくマッチすればよいのでしょうけど、合うと思ったが合わなかったり、時の経過とともに合わなくなることもあるわけで、そのようなリスクを避けるならある程度の規模のところのほうがよいだろうと考えていました。

大規模事務所の分業分担制の魅力

インタビュア

中規模ですか。最終的に大規模事務所に就職されたのは、どのような経緯でしょうか。

B先生

大規模事務所は、弁護士としての一般的な働き方と違って、サラリーマン的な働き方というか、分業分担制を取り入れているので、私としては、元々はそういう働き方ではなく、弁護士として一般的な働き方ができる中規模事務所を希望していました。
しかし、今の事務所からオファーがあって、コンサルタントとも相談した結果、とりあえず会ってみようということで、面接に行きました。
そして、実際に会って、色々と話しを聞いてみると、存外悪くない働き方かもしれない、むしろ私には合っているのかもしれないと思いました。
組織として依頼者に提供する法的サービスの価値が最大化できればよいわけで、必ずしも1人の弁護士が最初から最後まで担当することが依頼者にとって最善とは限らないのでないかと。
そして、私としても、自分がまっとうすべき役割の範囲が定義でき、その中においてベストを尽くすことに集中できるというメリットがあります。

インタビュア

確かに、弁護士以外の業界では組織的に顧客に対応するというのは当たり前のことですよね。

B先生

そうです。
その是非はさておき、少なくとも私にとって自分に合った働き方に出会うことができたことは、大変意義深いものでした。

配置転換の希望に事務所が柔軟に対応してくれることも

インタビュア

実際に働かれて、職場の雰囲気はいかがでしょうか。

B先生

私のセクションでは、風通しがよく、気持ちよく質の高い仕事ができていると思います。
もし、人間関係のいざこざが起きたとしても、配置転換等で対応できるのは、一般の大企業と同様ですね。

雰囲気のマッチングはエージェントに頼むべき

インタビュア

弁護士ドットコムキャリア以外で利用された転職支援サービスはありますか

B先生

ひまわりの求人を見たことはありますね。
ですが、あの情報だけでは事務所の雰囲気まで分からないので、今回の転職では使いませんでした。
繰り返しになりますが、私の場合は人間関係が転職の端緒ですから、その点が分からなければ、意味が無いわけです。
ひまわりの求人情報や事務所のホームページから、事務所の雰囲気を何とか察しようとして、一応自分なりの基準を見つけたりもしたのですが。

インタビュア

どのような基準でしょうか。

B先生

例えば、所員全員参加の旅行があるような事務所は私には合わない、とかです(笑)
しかし、やはり、ウェブに出ている情報だけでは限界があります。
特に、都合の悪い情報はウェブには出てきませんから。
雰囲気といったアナログな点のマッチングは、エージェントに頼んだほうが間違いないですね。

インタビュア

確かに、そのとおりでしょうね。
本日はありがとうございました。

B先生

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのキャリアアップを弁護士ドットコムキャリアがサポートします

弁護士業界に特化したコンサルタントがあなたのご希望をお伺いします。
会員登録することにより、求人票の情報だけでなく、職場の雰囲気や代表弁護士の人柄等のリアルな情報も知ることができ、
あなたの条件に合った求人をご紹介することもできます。
是非、この機会に会員登録をお願いします。
なお、徹底した情報管理を行っているため、登録したことが所属事務所等に知られることは絶対にありません。
安心してご利用ください。

保有資格 必須


司法修習期


お住い 必須


お名前 必須


メールアドレス 必須


電話番号 必須


備考

プライバシーの考え方に同意の上、「同意して送信」を押してください。
ご入力情報は、ご本人の許可無く第三者に公開することはありませんのでご安心ください。

PAGE TOP